Unlimited Lilie Works

体は百合で出来ている 血潮はコウりんで心はイゼフィー 幾たびのエゴサを越えて不敗 ただの一度もふぁぼはなく ただの一度もRTはなし 百合豚はここに独り 百合の花園で支部を漁る なら我が生涯に恋は不要ず この体は、 無限の百合で出来ていた

萎えました。当分表に出ません。

1週間以上経ったんで早く色クレセ出てください。

なんか「百合BL」とかいうワードがトレンド入りしてんだけど

これ書いてる時点でついさっきクソ記事投下したばっかりなんだけどちょいと聞き捨てならないワードが見えたので。

 

なんか知らんけど今Tiwtterのトレンドに「百合BL」ってワードが入ってるじゃん。はてはて何ぞやと。百合とは女性同士の恋愛、BLは男性同士の恋愛みたいな感じ。つまりこの2つが組み合わさるってなかなかないと思うんだがどういうことだ?フォローしている百合イラストなどの二次創作者もご立腹の様子。とりあえず見てみよう。

というわけでTwitterで見た百合BLというのはどうやら「受け×受けのBLのこと」らしい。

 

は?

 

いやいや舐めとんのかワレ。なんでそこに百合とい言葉を持ってきたよりにもよって。「受け×受けのBL」の総称に何らかの言葉を作る。その思考は分かる。しかしだ。なぜそこで「百合」という言葉を持ち出した。何だ?女性は男女CPだとみんな受けだと思ってるのか?ふざけるな。お前「射精管理」ってジャンルもあるの知ってるか?オレそんなに好きじゃないけど。女の子がみんな受けだと思ったら大間違いだぞ。悔い改めろ。

 

百合にだって責めと受けの概念は存在するんだ。今まで星の数ほど生み出されてきた百合CPみんな受け×受けか?冗談もほどほどにしろ。

 

百合BLってそもそもどっちなのかわかんねぇよ。この言葉が仮に「受け×受けのBL」という意味として確立されたとしてもこの言葉を知らない人たちからすれば迷惑極まりない。百合だと思って見たらBL、またその逆もしかり。もうちょっと言葉は選べボケ。

 

とりあえずこの言葉を作った愚か者は百合もBLも舐めてるとしか思えない。悔い改めてホモビにでも出演して、どうぞ。

 

 

 

 

これ余談なんですけど受け×受けっぽい百合CPっていうと個人的にはにこまきのイメージです。あの二人どっちもネコっぽいなあって思います。あとこの流れで行くと「受け×受けの百合CP」の名前って百合百合になるんですかね。百合百合。とてもいい響きですね。

【クソ記事】大学で語尾を「ナリ」に変えるプログラムを作ってみたナリ

タイトル通り。Pythonjanomeというものをインストールして使用してください。

言い訳なのですが製作中にPCがぶっ壊れてデータ飛びました。そこから大急ぎで作ったのでかなりお粗末なものとなっております。頑張って改良してください。

これ発表あるのに2,3か月の苦労が一瞬で吹き飛んだのでマジで泣きたくなりました。皆さんはちゃんとバックアップしましょう。

 

 

以下プログラム全文

 

 

from janome.tokenizer import Tokenizer
t=Tokenizer()
data1=("""ここに文を入力""")
list1=

for token in t.tokenize(data1):
    list1.append(token.surface)

l=len(list1)


for i in range(0,l):
    if list1[i]=="です":
        list1[i]="ナリ"
        if list1[i+1]=="よ":
            if list1[i+2]=="。":
                list1[i+1]="よ。"
                list1[i+2]=""
    if list1[i]=="。":
        list1[i]="ナリ。"
    if list1[i]=="」":
        list1[i]="ナリ」"
    if list1[i]=="ます":
        if list1[i-1]=="い":
            list1[i]="る"
        if list1[i-1]=="し":
            list1[i-1]="す"
            list1[i]="る"
    if list1[i]=="ある":
        if list1[i-1]=="で":
            list1[i-1]=""
            list1[i]=""
    if list1[i]=="まし":
        if list1[i+1]=="た":
            list1[i]="た"
            list1[i+1]="ナリ"
    if list1[i]=="だ":
        if list1[i+1]=="。":
            list1[i]="ナリ"
    if list1[i]=="だ":
        if list1[i+1]=="」":
            list1[i]="ナリ"
   
       


for i in range(0,l):
    if list1[i]=="ナリ":
        if list1[i+1]=="ナリ。" or "ナリ」":
            list1[i]=""

data2=""
for i in range(0,l):
    data2=data2+list1[i]

list2=

for token in t.tokenize(data2):
    list2.append(token.surface)

l2=len(list2)

for i in range(0,l2):
    if list2[i]=="ナリナリ":
        list2[i]="ナリ"

data3=""

for i in range(0,l2):
    data3=data3+list2[i]

print(data3)

【クソ記事】ネックレス褒められただけで有頂天フィーバーになったオタクの話

早い話がタイトル通り。あまりにもチョロすぎるオレとしてはとても嬉しい話だったので日記として記事にする。

 

まず私は今期の英語は履修の関係で別の学科のクラスに混ざってやってる。で、今日は英語でスピーチ。この講義履修者の8,9割は知らない人。オレには辛すぎる時間である。

で、このスピーチの進め方としては週ごとに6人ほどスピーチする人がいて、スピーチしない16人ぐらいだったと思うけどそれで2〜3人の6組をつくる。スピーチする人はその6組を回ってスピーチ。分かりにくいけど頑張って理解して。

で、そのスピーチの4組目くらいの時の話。とりあえず席に着く。

少女A「そのネックレスいいね」

オレ「!?」

一瞬何が起こったのか分からなかった。因みにこれがその例のネックレスです。

f:id:karenlove:20170621164218j:plain

写真でかいかも許して。

このネックレスは1ヶ月くらい前からつけてたから友達からは気づいてくれて話題になったりした。当たり前だけどこれ全部男との話である。で、今回。一度も話したことのない女の子である。しかも少なくともオレは可愛いと思えるし。いきなりこんなこと言われると思ってなかったから驚いたことこの上なかった。で、話を戻す。

オレ「ありがとう…」

少女A「それどうしたの?」

オレ「これ言っていいのかな…」

これグラブル展でその場の勢いで買ったやつです。ちょっと言うか躊躇ったけど言わない理由もないしワンチャングラブルやってくれてる可能性もあるから言うことにする。

オレ「グランブルーファンタジーってやつなんだけど…」

少女A「wwwwww」

オレ「まあその…グラブル展ってやつがあってそこで買いました…」

ここで先生からスピーチやるように促したのでとりあえずスピーチ。で、この間ニヤケてました。自分がここまでチョロいと思わず呆れるしかなかった。スピーチどころじゃありません。とまあ無事(?)スピーチおしまい。

少女A「面白かったー」

オレ「ありがとう」

そんなこと言われると思ってなかったわ。今朝1時間とそこらで適当に作ったやつだぞ。お世辞でも嬉しいわ。

少女A「で、それグラブルのキャラのやつ?」

オレ「あぁ…うん…」

少女A「そのキャラクター好きなの?」

オレ「うん…好きだよ、3色あったけど20分くらい悩んでこれにしました(隙あらば自分語り)」

少女A「wwwwww」

このネックレスはシャルロッテっていうリュミエール騎士団団長で成人してるのに好きな食べ物お子様ランチのキャラクターがモチーフです。

 

もっと色々話したかったけど時間があれなので次の場所に移りました。とても悲しかったです。5組目と6組目残ってたのですが話してる途中ニヤけてました。やべーよ。

 

あとで知った話ですがこの少女Aみずきちゃんっていうそうです。いい名前ですね。

 

 

文章めちゃくちゃなのは許してほしい。でもこんなことなかなかないのでとても嬉しかったんです。みずきちゃんとワンチャン狙っていけるよう頑張ります。ありがとうシャルロッテ団長。ありがとうグランブルーファンタジー。ありがとうサイゲームス。

ダ埼玉オフとかいうオフを開こうと思います。

はい皆さんご機嫌いかがでしょうか東山奈央です。

 

この記事書いてる数十分前にTwitterでポケサー埼玉民がどうこうみたいなことになったのでオフ開きます。その名も…

 

ダ 埼 玉 オ フ

 

概要書くんでとりあえず読んでちょうだい

 

・内容

とりあえず埼玉民で遊びましょう。ポケモンやるかは知りません。

 

・参加資格

どこかのポケサーに所属する埼玉民。東真君は聖人だから県外からの乱入、殴り込みを許可する。この際ポケサーとかに入ってなくてもいいや。主催権限で許可します

 

・日程

8月の中旬を予定しています

 

・持ち物

なんか遊べるもの。あと金と笑顔

 

・場所

越谷レイプタウンか大宮あたり。てかそのどっちかしかないじゃん埼玉

 

・運営

今のところオレだけ。必要か分からないけど誰か助けてエロい人

 

・参加費

ありったけ持って来い。集めたりははしないけど持ってきた分だけ遊べるぞ

 

 参加希望の方はTwitterID@karen_love1201にリプもしくはDMで参加希望の旨をお伝えください。そのときに参加名もお願いします。

 

周りの反応次第で開催するかしないか決まるんで参加機運ある人たち是非ご参加くださいオナシャス!なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)

 

 

参加者リスト

東山奈央(主催)

・むー@ガマガール

・かんざき(日程次第)

・ぽらりす(日程次第)

トー

ジョーカー

・餅田

・ネフェニー

【S3最高&最終1500】発育の良い11歳が童顔27歳に色々しちゃう話

皆さんこんにちは。東山奈央です。

 

久しぶりにポケモンの話をすると思うな。今回も百合の話だ。悪いな。てかオレのブログ百合の方が需要ありそうなんだよね。問題は何もないですね。うむ。

 

今日S3終わるしみんな記事書くだろうから対抗してオレも記事書きます。検索妨害?知ったことか。

 

さて本題に入ろう。この記事は下の記事の続きである。もしこちらを読んでいない方がいらっしゃったら先にこちらを読むことを推奨する。

karenlove.hatenablog.com

 

で、先日フォロワーの方から「27歳が11歳にイかされるパターンお願いします」と言われたんでその話します。

 

とりあえず27歳の手ほどきでえっちなことを覚えてしまった11歳。この一文の破壊力やべえなおい。家で一人のときとか27歳としたえっちなこと思い出して一人えっちとかしちゃうんですよね。ちょっと早すぎる気がするけどネットでそういうこともググることを覚えてしまったわけで。この年でレズもの漁っちゃうJCとかおじさんこの国の未来が心配だよ。ちょっと見て色々思い出して顔真っ赤にしながらブラウザ閉じてそう。かわいい。

で、ある日またえっちしようとしたときに「ねぇ…私がしても…いい?」と突然11歳が言い出すじゃん。27歳の思考がフリーズする。まさかこんなこと言い出すようになるとは。

「え?あ、いや…」

「…ダメ?」←かわいい

ズキュウウウウウウン「いいよ…///」←JCのかわいさに負けるOL

パァアアアアアアアア「わ、私頑張るねっ!」←やっぱりかわいい

とはいったもののやっぱりまだ知識が足りない。だから11歳がやることは一つ。

「今まで27歳にされたことをする」これだけである。

27歳にされてきたものは甘くて優しいえっちだからそれをするだけ。慣れない手つきで、不器用ながらも大好きな27歳のために頑張っちゃう11歳。反応を見て「こうすればいいんだな」って覚えていくんでしょうね。ちょいちょい上手かったりすると尚良し。そんな11歳を愛しく感じながらどこか寂しさを覚える27歳。どちらもとてもかわいいですね。

終わった後「ちゃんとできてた?」って不安そうに27歳に聞いてそうだよね。初めてのことだから年相応に不安とか感じちゃうわけよ。11歳の頭を撫でながら「うん、またしてくれる?」とか27歳には是非言ってほしい。最後は幸せなキスをしておやすみなさい。ハッピーエンドですね。

 

そんなに凝ってないけどこんな感じじゃないですかね。この二人は甘々な感じが合うと思うの。

この記事の元ネタは続きあれ以来ないので金出すからやってほしいところ。ちなみに描いてくださった河合朗先生がが出している「ギャルとオタクはわかりあえない。」全2巻マジでオススメだから読もうな。

彼女の作り方

出来たことないから知らねえよむしろ教えて下さいって言おうと思ったけどそんなことしてる暇あるなら百合漁ってろ